« あんまり安いので… | トップページ | ご挨拶 »

シャネルスーツ

本日の最高気温は16度。まずますの行楽日和です。今夜は私も高校時代の懐かしい顔と夕食会です。暖かくて良かった。先週の日曜は屋外で撮影があったのに雪の降りそうな寒さでした。告知していたカミングホームの撮影は無事終了です。もし、ブログを見て寒い中参加されたエキストラさんがいらしたら、ご苦労様でした。ありがとうございます。

さて、今回はシャネルさんのお話です。今日ではお嬢様御用達のブランド、お上流の奥様好みのシャネルスーツですが、発表当時のシャネルスーツは当時としてはとてもアバンギャルドなものでした。1900年代初頭、女性のファッションは、少しずつ解放の兆しを見せていました。まずは、機能的にも健康面でも女性を締め付けてきたコルセットにかわってガードルやブラジャーが主流となります。体型の矯正が緩やかになると、服のシルエットにも変化が現れます。活動しやすい下着は、床まで届いたスカート丈も徐々に短くし、無駄な装飾を省いていきました。女性達の意識の変化とともに、より自由なファッションが考えられていきます。

こんな時代にシャネルさんは登場しました。紳士服にヒントを得たスーツスタイルや、パンタロン、ひいてはショートカットヘアまで。時はローリングトゥウェンティ、今で言ういけいけの時代でした。とはいえ、前世紀の習慣の色濃く残るヨーロッパで、彼女のデザインは大変センセーショナルな物議を醸しました。しかし、施設育ちで、貧しいお針子から身を立てた彼女の反骨精神は独自のスタイルを確実に作り上げていきました。一方で非常に魅力的な女性だった彼女は、その美点もフル活用、商業的な成功も手にしました。時代の荒波の中で、大きな浮き沈みを見せる、彼女の波瀾万丈の人生はとても興味深いものです。沢山の書物や映画になっています。興味のある方はさがしてみては?私の蘊蓄はこの辺にしておきます。ともかく、色々あって、すったもんだの末、1955年ようやくカムバックした彼女が発表したのが世に言うシャネルスーツです。ノーカラーにブレードを配したシンプルなツィードのスーツです。この時御歳71、すんごいおばあちゃんです。失礼。

210_2 シャネルスーツを真似て、マダムなジャケットを作りました。またしてもお買い得で手に入れた生地が足りなくて、ジャケットだけです。トホホ素材はファンシーツィード。モール糸とリボンヤーンが織り込まれた、華やかな生地です。 ラメの入ったモールのブレードをあわせます。 212_2 

214

袖山を丸くして、ソフトな感じのシルエットにしました。213 

 

211_2 いかがですか?PTAにもクラス会にもOK。ちょっとお上品なよそ行きジャケットの完成です。         

あら、ちょっと写真が曲がってました。ホントはちゃんと裾のラインはあってます。念のため。  

フリルのブラウスやビーズ刺繍のニット。ベロアのパンタロンやジョーゼットのスカート。着回しは無限大のお役立ちアイテムでーす。  

さて次回は…たぶんパーティードレスです。時間があったら。 

       Coming soon

|

« あんまり安いので… | トップページ | ご挨拶 »

シネマの衣装」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シャネルスーツ:

« あんまり安いので… | トップページ | ご挨拶 »