« パンツラボ | トップページ | パンツラボ PartⅡ »

仮縫いのお話

花冷えですねえ。お天気なのに風が冷たーい。今週末は各地でさくら祭りだというのに。今日の最低気温は2.9度。でもまあ、花が長持ちするってこともありますよね。

春にめでたい話と言えば、20代の若い友人の結婚です。6月にウェディングパーティーってことで、目下浮かれ気分で準備中の花嫁さんです。フラ仲間の彼女、パーティーは是非ハワイアンスタイルでとの希望です。ハワイアンレストランで手作りのアットホームなパーティーを企画している様子。できればドレスも自分の手でとのこと、パターン、仮縫いまでの行程を引き受けることにあいなりました。

綿ポリ混紡のハワイ生地は縫製の楽な素材ですが、初めてのドレス作り、難しい物は危険です。出来るだけシンプルで、わかりやすいデザインに決まりました。

仮縫いはシーチングのトワルを組んで本格的なクチュールの行程です。公開できるトワルはめったにないので、ちょっとご紹介します。

230 こちらがそのトワル。

トワルとは、実際に使用する生地を裁断する前に、シーチングなどを使って、出来上がりの形に組み立てたものです。高価な生地を使用するオートクチュールでは一般的な行程です。この段階で、服のシルエットや、サイズなどを調整してから、実際の裁断に入ります。

面倒なようですが、素朴な生成の生地は、かえってデザインを際だたせる場合もあって、なかなか面白い作業でもあります。

コスチューム三番地ではほとんどのケースで、この仮縫いを取り入れています。

さてさて、調整も終えて、縫い代付きでカットした型紙に縫製の手順と注意事項を添えて、あとは彼女のがんばり次第。私の説明にきょとんとしていた顔を思い浮かべるとちょっと不安が残りますが、いけないいけない、余計な手出しは無用です。もし、ちょっとばかりな出来上がりになったとしても、自分の手で最後まで作った方が、きっといい思い出になります。

頑張れ!オー!  彼女がその気になってくれたら、晴れ姿公開しますね!

|

« パンツラボ | トップページ | パンツラボ PartⅡ »

コスチューム三番地のお仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 仮縫いのお話:

« パンツラボ | トップページ | パンツラボ PartⅡ »