« 簡単洋裁の勧め | トップページ | 秋支度 »

天城越え

夏休み。伊豆のお山に言って参りました。ここ、町田から、小田急線で小田原へ。伊豆箱根方面はお手軽な観光地です。お財布にも優しいので、休みのたびに、箱根や熱海に出かけています。

今回は修善寺。宿だけ予約して、あとは行き当たりばったり、夫とふたり、気儘な小旅行です。小田原から熱海、東海道線で三島、伊豆箱根鉄道駿豆線で修善寺。在来線を乗り継いで、のんびり鉄道の旅です。車窓の景色を眺めたり、うとうとしたり、たまにはこんなゆっくりした移動もいいものです。

修善寺の街は、熱海に比べると、景勝保存に気を遣っているようで、風情ある木造の旅館などが残っています。観光客向けに、竹林の遊歩道や朱塗りの橋など、まあ、とってつけた感は否めませんが、お散歩しやすい綺麗な街です。昔ながらの射的場がいくつもあります。とても繁盛しているようには見えないのですが…これも、景勝保存の一部なのでしょうか?昭和な雰囲気が、若い人に受けているのかも知れません。どちらかと言うと地味な観光地なのに、多くのカップルを見かけました。空海の創建とされる修禅寺は、厳かで静謐な佇まいです。ここでも若いカップルを多く見かけました。でもね、シュウゼンジと書いてシュゼンジです。「ほら、これがシュウゼンジだよ。」って彼女に説明してた君、赤っ恥です。

山間の旅館、窓外はこんな景色です。修禅寺周辺以外は、お店も人も少なくて、とっても静かです。379                        

378 翌朝、バスに乗って一路、浄蓮の滝へ。バスターミナルは土産物屋が並びます。わさびなんとか、イノシシなんとか、買い物客で結構な賑わいです。そして、BGMはと言えば、石川さゆりのあれです。浄蓮の滝~かなりのボリュームでエンドレス、真っ昼間から体うらはら~山が萌える~って 観光地だからしょうがないですけどね。

それでも、滝は美しい。天然記念物のシダは不思議な形状を見せ、渓流の山葵田は清々しい緑です。もちろん、ここでも、山葵漬けのお店が繁盛していましたけど。381                                               

382_2 さて、次は?とりあえず天城峠ってバス停で降りてみました。でも、新道沿いの停留所に峠の景色はありません。ふと見ると峠はこちらの矢印。じゃあ、と昇ってみると、これがなかなかの難所でした。サンダル履きの私は3分で後悔しましたが、昇るよりも降りる方が恐そうなので、続行。

程なくして現れたのが、かの有名な天城隧道です。重要文化財だそうな。映画にも使われた隧道は、カメラを向けただけで一編のドラマが見えるような、素敵なロケーションです。一キロほどのトンネルはひんやりとして暗く、気持ちがいい。歩き進むうち、過去、ここで繰り広げられたであろう、幾多のドラマが見えるようで、なんだか不思議な気持ちになりました。写真を撮ると、この世のものでない何かが写るような気がして、ちょっと恐くなって止めました。

隧道を抜けて、旧道を下って行くと、新道への抜け道があります。山道を抜けてバス停発見。河津桜で有名な河津まで、バスで南下します。山間の急カーブを気持ちよく駆け抜けます。河津から熱海まで伊豆急行。海沿いをのんびりと北上です。トンネルを抜けると見渡す限りのオーシャンビュー、停車駅の温泉街も味のある風景です。熱海まで一時間ほど、景色が楽しくてあっという間です。

在来線とバスの旅。大回りして満喫です。交通費はだいぶかかりました。在来線もバスも都会より高めなのね。それでも、鉄子じゃないけど、鉄道の旅、はまりそうです。

来月は女ばかりで熱海です。静岡バンザイ

|

« 簡単洋裁の勧め | トップページ | 秋支度 »

寄り道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天城越え:

« 簡単洋裁の勧め | トップページ | 秋支度 »