« 秋支度 | トップページ | 秋支度2 »

甘い瓶

朝夕、涼しくなりました。夕餉の向こうで虫の音も聞こえます。秋ですねえ。

秋と言えば食欲。夏の疲れも癒えた頃、なんでも美味しい危険な季節。気を付けなくちゃ。

なのに…最近凝ってしまった物の一つに、ジャム作りがあります。書店で見つけたかわいいレシピ本購入をきっかけに、数ヶ月、切らすことなく作り続けています。林檎、苺、夏みかん、エトセトラ…季節ごと、一番安い時をねらって、チャレンジしています。

今回は桃ジャム。レシピはなくてもどうにかなるはず。だって、大抵のジャムは、果物とお砂糖とレモン汁で出来ているから。もちろん、ハーブを入れたりスパイスを入れたり、いろんなアレンジはありますが、シンプルに作った方が、手作り感があります。市販品には大抵、香料なんかが入っているので、本来の果物の味とは少し違います。

自己流ですが、作り方のご紹介しちゃいます。

材料 桃 2個 砂糖 桃の重量の20% レモン汁 大さじ1

まず、桃の皮を剥いて、適当な大きさにカット。(煮込むときにつぶしてしまうので、そんなに小さくしなくても大丈夫。)

カットした桃の重さを量って(果汁も一緒に)20%の重量の砂糖とレモン汁を加える。

このまま3時間以上寝かせる。すると、水分が沢山出ます。これを火にかけて、とろとろになるまで煮るだけです。Photo 始めは強火、煮立ってきたら弱火にしてあくをすくい、弱火からとろ火でゆっくり、焦がさないように煮詰めます。

果物によって果汁の量が違ったり、糖度も違うので、煮詰める時間や、砂糖の量は、ものによって調整しますが、基本的にはみんな同じ方法で作れちゃいます。(ただし、柑橘系のマーマレードは違います。気を付けて。)

Photo_2 こんな風に、へらを通して、道が出来るようになったら、出来上がり。硬さはお好みですが、ちょっと緩いかなってあたりで火から下ろした方が失敗がありません。冷めると少し硬くなります。

いただき物の高級ジャムの瓶に詰めて、なんだか得した気分です。セピア色の綺麗なジャムが出来ました。ジャムを煮ていると、狭い我が家いっぱいに甘酸っぱい香りが広がって、得も言われぬ幸せな気分になります。どんなアロマもかないません。 ちなみに私が参考にしたレシピ本は「甘い瓶の本」です。

Photo_3

|

« 秋支度 | トップページ | 秋支度2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 甘い瓶:

« 秋支度 | トップページ | 秋支度2 »